当ブログのご利用ありがとうございます^^今後とも綺麗な文字が書ける人=「美文字人」になれる情報を発信してまいります。

美文字のコツ:画と画が交差する時の注意点

美文字のコツ:画と画を交差させる箇所は直角ぎみ

 

美文字を書くための基本的なルールのひとつに、

 

「画と画を交差させる箇所は、直角ぎみを意識すると良い」

 

というのがあります。

 

この「直角ぎみ」というのがミソでして

もちろんどこでも直角にすればいいかというとそうでもなくて、

あくまでそういう意識で書くときれいに見えるということです。

 

画と画、直角ぎみ

 

そもそも、文字というのは線や点で出来ています。

その組み合わせで文字を書いていくってことになるので、

線と線が交差するところというのは必ず出てきます。

 

その交差させて書くときに、直角もしくはそれに近い角度を意識して書くと、美文字に見える、と。

これは、私が日々書道の練習をしている時によく思う事にひとつなんですが

 

お手本としているもの(古典って言います)のほとんどが、

そのルールが守られていることが多いようなんです。

 

なにしろ2000年前とかに書かれた字が現代まで生き残っているぐらいなので

自然と美文字法則にあてはまっているのかもしれません。

 

つまりそれは、私が個人的に思ってる書道の奥義?!(チュウニ臭い><)のひとつである

 

「空間を意識して書く」

 

ということに繋がってくることなんです。

 

というわけで、今回お伝えしたかった、まとめとしては

 

画と画を交差させる時は、「直角ぎみを意識すると良い」

 

という事でした。

 

字を書くとき、あんまり考えたりしないような事なので、

気を付けて書くと、一歩、美文字人に近づくかもしれません!?

 

最新情報をチェックしよう!