当ブログのご利用ありがとうございます^^今後とも綺麗な文字が書ける人=「美文字人」になれる情報を発信してまいります。

管理人プロフィール

ここでは、管理人である私、田畑明彦について述べさせていただきます。

自慢だ…とかの批判を覚悟で掲載いたしますが、自慢にもならないし、しようとも思いませんし載せたくないのが本音です。。

しかし書道に限らず、発言に説得力を持たせるには一定の実力や実績などを示す必要があるとの想いから載せています。

管理人の書道歴

私の書道歴は、幼稚園の頃に近所の習字教室に通わせてもらっていた「硬筆(エンピツ書き)」からスタートしています。

そして小学校2年生の時に「毛筆」を始めて、それからの30数年経った今でも書の世界に魅了され続けています。

小2の時に初めて筆で書いた時の緊張感、墨の匂いと紙の感触は30年以上経った今でもずっと忘れられないですし、その時の思い出が私の原点になっています。

今の日本で書道をやっている人間で一番聞かれるのが、段位はいくらでしょうか?という事になるかと思います。

俗に言われる「書道師範」は私が長年出品し続けていた書道団体から平成22年に「硬筆」を平成24年に「毛筆」を認定いただきました。

認定いただいた書道団体は「南日本書道会」という団体です。競書雑誌の名前は「書林」。鹿児島県にあります。

小さい頃から通っていた習字教室で書林を出品していましたが、私が学生の頃に閉まってしまいました。ですがその時の先生から「競書雑誌を個人でも出せるレベルだから続けなさい」という事で、教室閉鎖後もその競書雑誌に毎月出品していました。それから根気強く続けて、20年以上かけてようやく認定いただきました。

ここに書くついでというわけではないですが「師範」、の特に「毛筆の師範」をいただくまでには、ホントに長い道のりで根気が要りました。

私が出品していた南日本書道会の「毛筆の師範」までのシステム・道のりは、高校生になってからリスタートします。

リスタートというのは、中学生までの最高ランクは「特待生」となっており、高校生以上になると「一般」扱い(要は大人)になり、中学生までの「特待生」や「九段」といったランクは名乗れずに「5級」からの再スタートになるからです。

そして毛筆の書体は中学校までは「楷書」「行書」の2書体だったものにプラスして「草書」「仮名」の4書体それぞれが5級からのリスタートです。

5級から4級・3級・・・初段・二段・三段・・・七段・八段・九段・準師範、そして師範というランク分けになります。

私は、ほかの競書雑誌を知らないので何とも言えませんが「書林の師範」はとにかく難しく時間がかかるというのをよく聞いていました。

その一番の理由の一つが、4書体が「準師範」になって初めて「師範」を受験できるという事だと思います。逆にいうと4つ全て準師範まで到達しなければ、いつまでたっても「師範」にはなれないという事です。

月一の出品や年一回の認定試験で徐々にランクを上げていくのですが、中でも「仮名」という書体(ひらがなの元になった書体)がとにかく別次元で難しく、仮名専門の先生もいるぐらい、奥深い書体です。

私も「仮名」が最後まで残ってしまいまして「楷書」「行書」「草書」はとっくに「準師範」になれたのに「仮名」はまだ「七段」という感じでした。「書林」は仮名を一つの書体として力を入れているので、そこが本当に苦労した点でした。

・・・という、ついでの苦労話でした。

その認定証をいただく時の授与式に出席したのですが、そのときに、

「師範」がゴールでなく、スタートだ

という事を授与された先生から言われました。

そういった事もあって、社会人になった今でも、書に関するいろんな本を読み、字の成り立ちを勉強し、日々精進しています。

そうして練習や勉強を続けているうちに、

書写技能検定

という、書道版の英語なら英検、漢字なら漢検の民間資格に出会いました。5級から1級までのランクがあり、まずは2級からと思い、

令和元年に硬筆・毛筆ともに2級を取得しています。

現在は1級に向けて勉強中です。いずれは書写技能検定対策ネタをこのブログで発信できたらと思っています。

管理人の実績

 

実績としては、社会人になってからご縁のあった先生の書道教室に通うことになり、その際に書道展に出品させていただいた時の受賞歴があります。

・鹿児島県書道展特別賞受賞(1回)

・南日本書道展入選(6回)

といったものがあります。

 

2つの中で「南日本書道展」の方は、鹿児島県下の書道の先生方が一定の実力を示す場所とも言われており、この書道展で入選すれば作品を展示され、新聞掲載(入選者の名前が載る)もありますが、落選すると展示されることすらない厳しいものです。

とくに高校では書道専門の先生もいますが、一定の実力を示す機会なのでいつも以上に真剣になあて出品されるのだと聞いたことがあります。また、審査される審査員の方も全国レベルの先生をお招きするといった全国屈指のハイレベルなものです。

 

他に実績として言えるものは、鹿児島に住んでいた頃に地元の中学校において、年始の「書初めの授業」を年一回の一日ですが、7年以上にわたり勤めさせていただきました。

私は一年生の担当で「楷書」の課題を教えるということになっていたのですが、生徒さん方が見ている前で「書いて見せる」という事をしなければなりませんでした。

ただでさえ人に見られながら書くのは緊張するのに、真冬の寒い体育館で手を震わせながら緊張と寒さでガタガタさせながら書いたのは今となっては良い経験でした。

 

また私は18年間にわたり、公務員を勤めてさせていただいた役所勤めだったのですが、在職中に揮毫依頼(筆文字の依頼)は賞状書きからペナント(優勝旗などに結ぶアレです)、ポスターの題字、公園の題字、布書き、木書き、などなど…その数は膨大でした。

本当にいろんなモノにいろんな字を書かせていただきましたが、これも本当に良い経験でありました。

以下に写真を掲載いたします。こんな字を書いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにもっと続きを述べております。

管理人プロフィール2「私が進んでいきたい書の道」よろしければこちらもどうぞ。