当ブログのご利用ありがとうございます^^今後とも綺麗な文字が書ける人=「美文字人」になれる情報を発信してまいります。

美文字の知識:書体の使い分けについて

「楷書」はフォーマル、「行書」はカジュアル

 

今回は「書体の使い分け」というお話です。

 

まず

「楷書」はフォーマルな書体

「行書」はカジュアルな書体

 ということが言えます。

 

「楷書」はフォーマルというのは、そのままの意味で

「公式な」とかそういう意味になります。

入学式とか卒業式でスーツと着るように

きちんとしたイメージです。

 

「行書」のカジュアルというのは、よそ行きではない普段着

みたいなイメージ

家の中で過ごしたりする時は、スーツなんて着ませんし

楽なカッコウでいます。

 

ではこの2つの書体を使い分けようとするときに、

 

美文字の知識:日本語を書くということ」の記事でお話しましたように

 

日本語は、「漢字(楷書・行書)」「ひらがな」「カタカナ」の

3(4)種類を使って表記するということでしたが

 

ここで問題がでてきます。

 

「ひらがな」は草書体、調和がムズカシイ。。

美文字の知識:日本語を書くということ」の記事で

「ひらがな」は草書体であるとも書きました。

草書体はよく、「くずした文字」とか言われるように

曲がった線で多くが書かれています。

要は曲線が多いってことなんですが、

逆に「楷書」はまっすぐで直線的な線が多いですよね

なので、「楷書」と「ひらがな」で日本語の大部分はできています、が、

この2つは、そもそも相性が悪いんです。

「直線的な楷書」と「曲線的なひらがな」の2つを

うまく調和させて美しく書くこと

この難易度は相当なもんです。

偉そうな言い方かもしれませんが

これはある意味で、昭和~平成~令和に生きる書道家達

に課せらせた命題だと思いますし、

私も一生をかけて追いかけていきたいテーマです。

ところで、中国語は漢字だけで表記します。

書道のお手本も、漢字オンリーなものが多いです、が

実を言うと、「楷書だけを並べてきれいに書く」

のは、書道の中では一番ムズカシイことなんです。

他の書体は、それなりに上手っぽく見えるんですが、

「楷書」が一番ムズカシイ

書道家の技量が一番分かる書体だったりします。

ちょっと脱線気味ですが

要は、

「楷書」だけでもムズカシイのに、

「楷書 + ひらがな」はもっとムズカシイ、

ということです。

それだけ日本語は美しく書くことがムズカシイ。

なので、字が下手だ…とか思っている方がいたら

そもそも書道家ですら、なかなか上手くいかないんですから

言語としての難易度と知っていただきたい、ということです。

「行書」と「ひらがな」の相性は抜群

そこをいくと、

「行書」と「ひらがな」は相性が良いんです

「行書」は「楷書」をサポートするようなポジションで産まれた書体で

流れのあるの曲線の多い書体です。

速く書くのに振った書体です。

なので草書から産まれた「曲線的なひらがな」との相性は抜群です

(ちなみに、「草書」は「行書」をくずしてできた書体ではないです、

「隷書」から産まれました)

結局はケースバイケースで使い分けが大事

例えば、ことばづかいにしても

なにかの式典のスピーチの時は

「私(わたくし)は~」

とか言います。

でも普段、友達とかと話す時は

「オレは~」

とか言います。

っていうように、その場その場で使い分けます。

字を書くときも一緒で

なにかの公式な署名は

「楷書 + ひらがな(直線寄りの)」

普段のノートをとるメモ書きとかは

「行書 + ひらがな(いつもの)」

というような、使い分けが大事ということです。

そういった理解のもと、

日々の美文字の練習をしていくのも、

上達への一歩になると思います。

まとめ

  • 「楷書」はフォーマル、「行書」はカジュアル
  • 「ひらがな」は草書体、調和がムズカシイ。。
  • 「行書」と「ひらがな」の相性は抜群
  • 結局はケースバイケースで使い分けが大事

 

ということになりますが、

 

では「ひらがな」も「曲線的な」と「直線的な」

で練習する必要がでてくるってことにもなりますが

 

そこまではなかなか大変なので、

普段から、そういう風に心がけて書くと全体的な雰囲気が合ってくる

のかなと思います。

 

最新情報をチェックしよう!