カタカナ「セ」書き方解説

カタカナ

カタカナ「セ」徹底解説

カタカナ「セ」のペン字の綺麗な書き方を徹底解説していきます。

カタカナは「漢字」の一部分のパーツだったり、または丸ごと全部から作られている文字です。

実はあまり知られていない?かもしれませんが「漢字」をきれいに書けるようになるには「カタカナ」をまずは徹底的に練習することが一番の近道だったりします。

そんなカタカナの「セ」ですが、一番のポイントは2画目でバランスを取るということです。

そういった点もふまえて説明してまいります。

シルエットは長方形をイメージして

まずは書く前のシルエットとしてとらえていただきたい形ですが、

カタカナ「セ」のシルエットは「長方形」

をイメージすると良いです。

シルエットは長方形をイメージして

ヨコにした長方形、もしくは平べったいひし形でも良いですが、

全体的にヨコ長をイメージすると良いです。

1画目のヨコ画、少し右上がりに長めに

まずは1画目、長いヨコの線(画)を書いていきますが、

イメージしたシルエットのカドからヨコ幅いっぱいに、

・イメージしたカドからスタートして

・トンスートンをしっかり行いながら

・少しだけ右上がりに

・思い切って長めに引く!

に書くと良いです。

1画目のヨコ画、少し右上がりに長めに

トンスートンとは?というのはこちらの記事の中にある「楷書の基本であり極意であるトンスートン」で詳しく説明してあります。

少しだけ右上がりを意識しながら、思い切ってヨコ線を引くと良いです。

1画目のカドはきちんと折り返し、ゆっくりハラう

続いて、カクっと「折れ」てから「左ハライ」を書いていきますが、この時に、

・きちんと折り返してカドをつけ

・ゆっくりと左ナナメにハラう

ことが大事です。

1画目のカドはきちんと折り返し、ゆっくりハラう

折り返してカドをつける、というのは上の画像のように線と線と少しだけ重ねるようにすると良いです。

そしてその後、左ナナメ下にハラっていきますが紙から「スッ」という感じでゆっくり離れていくように書くと良いです。

1画目のカドはきちんと折り返し、ゆっくりハラう2

さらにポイントが、カドをつける時の角度といいますか、折れる中の空間があくようにするともっと良いです。

あんまりこういった事までは言われることがないかもしれませんが、

中があくように書くことで、紙の白い部分が残ってきて、綺麗に見えるようになります。

こういった地味な部分が、綺麗に書くための秘訣になります。

1→2画目の見えない線を意識

1画目の最後の左ハライ、

ゆっくりとハラったら次は2画目に移っていきますがその時に、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。

1→2画目の見えない線を意識

ゆっくり「スッ」と紙から離れたら、その離れた勢いを止めないで、そのまま空中に見えない線を書くように、

つながっているように書くことが大事です。

2画目の前半、まっすぐに下ろす

そして2画目を書いていきますが、まずはタテの前半部分は、

まっすぐに下ろす

ように書くと良いです。

2画目の前半、まっすぐに下ろす

まっすぐに下ろすことで1画目との交差する部分が、自然と「直角交差」になります。

2画目の後半、直角ぎみに曲がり、包むこみように

そして「くいっ」と曲がっていきますが、

・丸みをつけながらも直角ぎみに曲がり

・左ハライを包みこむように

書くと良いです。2画目の後半、直角ぎみに曲がり、包むこみように

この包みこむように書くときに、1画目との全体のバランスを見ながら書くようにすることが

カタカナ「セ」を書くときの一番のポイントになります。

さいごも「おわりのトン」でしっかりと戻して、文字としてきちんと終わらせます。

「セ」の元ネタ、「セ」は「世」を省略したもの

ここでカタカナ「セ」の元になったネタをご説明しますと、

「セ」は漢字の「世」を省略したもの

からできています。

「セ」の元ネタ、「世」を省略したもの

楷書体(かいしょたい)ではちょっと分かりづらいので行書体(ぎょうしょたい)も合わせて表記しましたが、

「世」という漢字、世界の「世(せ)」ですね。

この漢字を省略、はしょって、カタカナ「セ」はできています。

「世」は「せ(セ)」と読みますので、カタカナ「セ」も元になったとされるのは納得がいくのではないでしょうか?

ちなみにひらがな「せ」も同じ元ネタになります。

こちらもぜひ参考にされて下さい。

「せ」は「世」漢字の成り立ちのところで説明してあります。

楷書・行書それぞれに合わせるには

楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)に合わせるといった考えでカタカナ「セ」を考えた場合ですが、

・「楷書」は「直線的」に

・「行書」は「曲線的」に

です。

楷書・行書それぞれに合わせるには「セ」

カタカナ自体、そもそも角ばった形なので自然と楷書(かいしょ)にマッチしてきます。

ですが「くずし文字」や「早書き」のような行書(ぎょうしょ)としてマッチさせるには、

画像のように書いている時の動きをいつも以上に意識して、流れるような気持ちで書くようにすると良いと思います。

ヨコ書きの「セ」を考えた場合

「カタカナ」をヨコ書きで美しく書こうとする場合「ひらがな」以上にいろいろと問題が多いと考えています。

ですがカタカナ「セ」は最後をヨコの線で終わらせるので、こちらの記事の「トンスートン」のおわりのトンをしっかりと書いて、少し戻すような動きをそのまま右へとつなげるようにすると良いです。

ヨコ書きの「セ」を考えた場合

まとめ

  • シルエットは長方形をイメージして
  • 1画目のヨコ画、少し右上がりに長めに
  • 1画目のカドはきちんと折り返し、ゆっくりハラう
  • 1→2画目の見えない線を意識
  • 2画目の前半、まっすぐに下ろす
  • 2画目の後半、直角ぎみに曲がり、包むこみように

「セ」まとめ

カタカナ「セ」で一番心がけていただきたいのは2画目でバランスを取るということです。

1画目を思い切ってヨコの線を引いて、2画目で全体を見ながら書くことが大切です。

さいごの画でバランスを見ながら書くようにすることは、漢字を綺麗に書く上でも大事なことです。

カタカナ「セ」ではこのポイントだけで良いのでぜひ覚えて実践してみて下さい。

カタカナ解説特典付きのメルマガを始めました

当ブログでは、

ひらがな練習ノート(教材DL可・動画付き)を無料公表しておりますが、

カタカナ練習ノート(教材DL可・動画付き)についてはメルマガ特典としてご用意しております。

綺麗な字になるお役立ち情報を厳選してお届けいたします。

この機会にぜひいかがでしょうか?

「ナゾり書き」や「添削」では
足りない部分があります

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP