京都の素晴らしい古書店を発見!欲しかったあの本「広芸舟双楫(こうげいしゅうそうしゅう)」をついに…!?

書全般

京都には古書店がたくさんあります。

その中で一つ、素晴らしい古書店を発見しました!

その名も「文苑堂書店」。

場所はこの辺りになります。

(※「京都 文苑堂(ぶんえんどう)」で検索するとすぐに出てきます。)

何が素晴らしいかって、この古書店。

なんとほぼ書道関連の本しか無い!

という私にとっては宝の山のような書店なのです。(書に関する本を読むのだ大好き。)

しかもここで長年探していた本の一つを発見することができ二重の嬉しさでした。

こんな本です。⇩

これに関してはまた別記事で書こうと思いますが、いろんな書道関連の本を読んでいるとこの系列の本からの引用がよくあります。

この本のおかげでまた一つ書が分かったような気がしますし、これからの練習方法も劇的に変わりました。

また別記事で書こうと思います。

というわけで、京都の古書店「文苑堂」。

京都にお立ち寄り&書道の本が大好き!という方(あまりいない?)はぜひ行ってみて下さいね!

美しい文字を書ける秘訣・本質を書籍化しました。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP