綺麗な文字の書き方㉟【最後まで気持ちをみなぎらせる】

綺麗な文字の書き方のヒント

最後まで気持ちをみなぎらせる

私はいろんな所で

「ハネ・ハライ・タテ画などはゆっくりと書く」

という事をお伝えしています。

これのフォロー的な意味合いにもなりますが、

【画の最後まで気持ちもみなぎらせて書く】

ようにすると、ハネやハライはとても上手くいきます。

字が汚くなってしまう原因の一つに、
ハネ・ハライを何となく書いてしまっているというのがあります。

なのでとくに毛筆ではこの効果はとても高いと感じるのですが、
ペン字であってもその効果はかなりあります。

ペン先が紙から離れきる瞬間まで気持ちをみなぎらせて書く。

そうすることで必然と離れるまでのスピードも落ちて、
ゆっくりになってきます。

本当はみなぎらせる(漲らせる)のはハネ・ハライだけではないのですが、
まずはこの部分でやってみる事をオススメします。

そうしてその先に、ペン先や毛先に気持ちといいますか、
神経をめぐらせて書ける時というのがやってきます。

毛筆ではとくに
「気を満たすように書く」
「気を塗り込めるように書く」
ように最近の私は気をつけているのですが、

私は性格的に線が細いのです。
小さい頃は女の子が書いた字?と良く言われていました。(男なのに)

なので強い線を求めて篆書や隷書をやっている部分もありますが、
強い線を引けるようになるためにもまずは、

最後までみなぎらせて書く

ようにすると良いと思います。

綺麗な文字への近道【美文字レター】

さくっと読める綺麗な文字の近道となる小話をお届けします。

さらに今なら、

・一番書く機会の多い自分のお名前の3つのポイント(解説動画)

・お名前お手本シートの制作してお届け

を無料で登録者特典としております。

詳しくは下記から↓

【今だけ!】人生で一番書くお名前練習シートを書道歴30年の書家が個別制作!一生モノです【美文字レター特典】

田畑明彦

田畑明彦

美文字を求めて30年…脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。字は誰でも綺麗になれます!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。好きな書の古典は「寸松庵色紙」「蘭亭叙」など。漢字5体と仮名すべてやった果ての美しい日本語を追究するという変な書家ですが、仲良くしてやって下さい…。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP