綺麗な文字の書き方(84)【筆の先・ペン先に力をみなぎらせて書く】

美文字レターバックナンバー

このことは、意識しないとなかなかやらない事なのではと思っています。

毛筆でもペン字でも、書いている時に気持ちを集中させて、

「紙を切るように」

書くことが実はとても大切なことです。

とくに毛筆の大きい筆で書くときは、

この感覚を会得するために練習すべき、

と個人的には思っています。

ここ以外でも何度も言っているように、まずは、

「中鋒(ちゅうほう)」

という、

【筆がしっかりと開いた状態】

で線を引けるようになることが、本当の意味で字が綺麗になるための第一歩であり、

真髄であると思います。

とくに毛筆では筆の開き具合が今どうなっているか?という、

手の高感度センサーをフル稼働させて、穂先の状態を常に把握しながら、

決して開き過ぎず、閉じ過ぎず、紙との絶妙なキョリ感で書かなければなりません。

そのために筆先・ペン先に力をみなぎらせて書く、

ということも、たまに思い出してみるのも良いと思います。

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP