綺麗な文字の書き方⑯【「書く」のではなくすでに「書けている」】

美文字レターバックナンバー

「書く」のではなくすでに「書けている」

「書く」ではなく「書けている」というのは、

これはすべての人に言えることです。

ペンを取って書く前に、

【あなたの心の中に文字はすでに書かれて】

います。

いろいろと練習して矯正しても、
「あなたの書く字」は本質的には変わりません。

でもそれで良くて、それが良くて、
それが「あなただけが書ける美しい文字」だからです。

弓道の達人は、遠くにある的に、弓を射る前から
「もうすでに射られて当てている」
というのを聞いたことがあります。

有名な写真家の言葉にも、
「撮るのではなく、撮れている」
というのも聞いたことがあります。

これは書にも通じる事だと思います。

アナログな言い方をすれば心の中に文字データはあって、
腕とペンがプリンターで紙に書く行為(プリントアウト)が文字を書くこと。

なので、すでに書けている。書かれている。
ということです。

そういった「心の中の文字」を良い方向に変えるために、
私も日々練習しているのだと考えています。

文字のこういった捉え方をするのも、
また違った世界が見えてくるような気がします。

なんだか分かりづらくて申し訳ありませんが、
根っこの部分を変えることが、本当の美文字になれる、
そう信じてお伝えしていきます。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP