綺麗な文字の書き方⑥【1画目と2画目の間を考える】

美文字レターバックナンバー

1画目と2画目の間を考える

書道の世界では

「1画目が大事」
「1画目で全体が決定される」

みたいな事を言われます。

こう言われるように1画目はとても重要で
1画目がすべてが決定される、というのも確かにそうなのですが、

そこからもう一歩進んで、美しく書くひとつの考えとして、

【1画目と2画目の関係を考える】

ことも大事なことだと思っています。

文字というのはだいたいが
「タテ」「ヨコ」「ナナメ」

の3種類の3つの線を組み合わせてできています。

組み合わせる、ので、

1画目がヨコ線だったら、次はタテ線だったりナナメ線だったりします。

同じ種類だけをずっと書いては
文字にはならないわけで、

違う種類同士を組み合わせるので、
そこに「関係」がでてきます。

要は、

「タテ→ヨコ」は直角ぎみ
「ヨコ→ナナメ」は45度ぎみ

という風に、だいたい基本となる角度が合っているかな?

その角度から、あまりにもかけ離れていないかな?

という画と画の関係のチェックを、
1画目と2画目の最初でしてみるのも良いです。

あまりこういった事を言われるのは少ないのではないでしょうか?

たまにはこういった視点で、書いた後の字を見つめてみるのもよいかと思います。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

ひらがなを本気で綺麗になりたいあなたへ

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP