綺麗な文字の書き方㊺【ギリギリまで紙の上にペン先がいるようにする】

美文字レターバックナンバー

・ハネる部分
・左ハライの部分
・右ハライの部分

などといった所は、

例えば、フィギュアスケートで言う所のジャンプに相当すると言えます。

このハネ・ハライの部分というのを、

「なるべく紙の上ギリギリまで引きつけてから離れる」

ような気持ちで書くのも良いです。

スケートのジャンプもタイミングだったり、
踏み込む瞬間の力加減というものがとても大事になります。

それと同じように、書におけるハネやハライも、
紙から離れる瞬間のタイミングや力加減がとても大事です。

こういったタイミング・加減というのは長い練習の中で分かってくるものですが、

まずは紙の上ギリギリまで引きつける、

という事を守ってやってみるのも良いです。

ハネ・ハライを行う時、あまりに早い段階で紙から離れてしまうことが上手くいかない原因の一つになります。

その対策の一つとして、

まずは紙の上のギリギリまでペン先がいるようにするように書く

ギリギリ引きつけるように書く

というのも良いと思いますので、やってみるのも良いと思います。

ひらがなを本気で綺麗になりたいあなたへ

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP