綺麗な文字の書き方㉖【木の2画目はハネるとバツ…?】

美文字のヒント

木の2画目はハネるとバツ…?

学校の漢字テストの時に

「木の2画目をハネるとバツになる」

と言ったことを聞きます。

今回のこのテーマは、なかなかに根が深い問題だと感じているのですが、

結論からいうと、

「ハネてもハネなくても、どっちも正解」

という事になります。

小学校の教員の大学の先生と話をしていた時も、

文科省としては
「トメやハネは2の次」

というようなニュアンスで言われていたので、

義務教育という、社会生活を送るのに必要最低限の知識

を学習させるにはトメハネにこだわっている時間がない…

とも言えるのかもしれません。
(平成になり教員の仕事は2.5倍になったという話もあるようです。)

そこで日本各地にある書道教室で
教養というレベルでの指導をする出番がある、

とも考えています。

ちなみに過去記事でも少し掘り下げて記事化しています。

【木2画目ハネるとバツ?!】「字体」と「字形」の違いをご存知でしょうか…?
https://syoka-koyoblog.com/mojinomondai

興味があればぜひご覧ください。

今回は少し毛色が違うと感じたかもしれませんが、
美しい字を書くための知識として、ぜひ知っておいていただきたいことでした。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

オンLINE書道教室【LINEを利用した添削書道教室】

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法・本当の書を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP