綺麗な文字の書き方(51)【普段の練習の体裁も美しく】

美文字レターバックナンバー

普段の練習をする時、1字1字をよく観て書くことと思います。

ですが1文字ずつをよく観察して書くあまり、

全体がついおろそかになりがちです。

1字をよく観察して書くはもちろん必要なことですが、

例えば2文字や3文字の言葉として、

1行の文章として、それらが集まって全体として、

美しく書くという練習も合わせてすべきです。

もちろんそういう事はやってますよ、

という事であれば何も問題はありませんが、

古典の臨書などをしている時はついつい1字をいかにそっくりに書けるか、

という事に集中してしまい、全体がおろそかになりがちです。

1字はもちろんしっかりと書けていながら、

全体としてトータルとしてもバランスよく取れて書けていることも、

美しい字とされるには必須なことです。

毛筆で半紙に5・6文字書く時などでも、全体としての美しさというのは

それはそれで訓練しないとなかなかできないことなので、

もしやっていなければ今日からでも合わせて練習してみるのも良いと思います。

ひらがなを本気で綺麗になりたいあなたへ

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP