綺麗な文字の書き方(55)【ハネた後に空中でペンを止める】

美文字レターバックナンバー

ペンでも毛筆でも同じ動きをすると良いのですが、

【ハネを行った後、空中で筆の動きを止める】

ような感じにすると良いです。

これは「トンスートン」の3つの動きで

線を引いて、画を書いて下さいとお伝えしている中での

「ハネ」の「おわりのトン」の動きになります。

おそらくは言われなければ、意識しなければ、

ハラった後というのはそのまま空へと動かしたままになっていると思います。

「空収(くうしゅう)」という、空で収めるという書道の言葉があるのですが、

ハネでもハライでも、この空収という空中で一度止める動きというのが、

地味な事ですがとても大事なことです。

かくいう私も忘れがちなのですが、

画のそれぞれに気持ちの節(ふし)を付ける

というのは忘れないように心がけています。

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP