美文字のコツ:字の右下に重心を置くこと

漢字

字には重心というものがあります。

バランスよく字を書いていくためには、この「重心」というものを意識して書くと

美文字にまた一歩近づきます。

字の右下に重心を置く

この「右下に重心」というのは、

美文字のコツ:基本点画タテ・ヨコ・ナナメの記事で書きました

ヨコの画は

「若干右上がりに書くのがコツ」

タテの画は

「少し、タテの画を左に倒すように書く」

 

という美文字の法則で書いた時に

当然、字は全体的に右上がりになっていきます。

そこで、その右上がりとのバランスを取るために

字の右下で重心を取るようにすると良い

ということです。

このテクニックを知っていることで、

例えば右上がりがキツクなりすぎた場合でも

ある程度の修正ができて、バランスを取ることができます。

なにより「字には重心というものがある」ということを意識することによって

何も考えて書かないよりも、はるかに上達が早いです。

点と線を並べて字を書いていきますが、

その組み合わせの中から、この字は「どこが重心か」を

意識して書いたり練習したりすることによって

「行書」などのくずし字の流れ重視な書体であっても、

自然に書けるようになります。

まとめ

まとめとしては、

字の右下で重心を取るようにすると良い

ということだけですが、

こういった「ちょっとした事を知って練習するかしないか」で、

ずいぶん変わってくると思いますので、

頭の片隅にでも残していてもらえれば幸いです。

【もう読めないなんて言わせない】綺麗な字の本質=エッセンスを最速で学びませんか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP