綺麗な文字の書き方㉗【忙しい中にも、どこかゆとりを】

綺麗な文字の書き方のヒント

忙しい中にも、どこかゆとりを

ボールペンや万年筆で字を書く「ペン字」の場合

練習以外では、ほとんどメモ書きなどでささっと書く
シチュエーションが多いと思います。

行書風になる事も多いと思いますが、
そうなってしまうということは、ペンの動きもとにかく速いはずです。

メモを取ったり、テストの時だったり、
「走り書き」とも言いますが、

忙しい書き方で実際にそんな気持ちで書いてしまうと思います。

なのでつい、字の形がくずれてしまったり、
練習どおりの整った字を書くことの難易度も上がります。

そこで一つの対策として、

「書いている中で、どこかにゆとりを持って書く」

ようにするのも良いです。

急の中に閑を持つ、とも言えますが、

ささっと素早くペンを動かしていく中にも
心の中にどこか落ち着いている場所を作る。

難しい事ですが、そういった気持ちで書くようにする事が大切です。

なんだか矛盾した事ですが、
心の片隅に置いて書くようにするのも良いと思います。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

美文字の近道をお届け!今なら有料級の豪華特典付き!!

田畑明彦

田畑明彦

美文字を求めてもう30年以上?!脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。綺麗な文字の書き方のいろんな事を常に発信していきます。字は誰でも綺麗になれる!!無言フォローしたら…温かい目で見て下さい。好きな書の古典は「寸松庵色紙」「蘭亭叙」など。漢字5体と仮名すべてやった果ての美しい日本語を追究しています。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP