Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/ranteinojo/syoka-koyoblog.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
綺麗な文字の書き方㊳【ヘンの右側をとにかく揃えて書いてみる】 | 美文字ブログ

綺麗な文字の書き方㊳【ヘンの右側をとにかく揃えて書いてみる】

美文字レターバックナンバー

ヘンの右側をとにかく揃えて書いてみる

漢字を書く場合、左のパーツと右のパーツの組み合わせがたくさんあります。

ヘンとツクリ、偏と旁と言いますが、

左パーツ(ヘン)の右側を徹底して揃えて書くようにする

のも一つの方法です。

字が汚くなってしまう原因の一つに、パーツの空間が互いに入り乱れてしまうという事があります。

パーツとパーツのそれぞれの空間をきっちりと収まり、
互いに譲り合うように配置された字というものは美しいものです。

上手く調和し、互いが互いを引き立て合うように左と右のパーツが書かれる事がとても大切です。

そのように上手く配置する一つの方法として、
まずは右端をきれいに揃えて書いてみるのをオススメします。

サンズイだったり、手ヘンだったり、
木ヘンだったり、糸ヘンだったりと、

左パーツの右側をスパっと刀で切り揃えたように書いてみる。

まずは書いて試してみるのも良いと思います。

綺麗な文字への近道【美文字レター】

さくっと読める綺麗な文字の近道となる小話をお届けします。

さらに今なら、

・一番書く機会の多い自分のお名前の3つのポイント(解説動画)

・お名前お手本シートの制作してお届け

を無料で登録者特典としております。

詳しくは下記から↓

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP