【日本習字課題解説】2023.12隷書「低頭思故郷」隷書はまた独特ですが…

日本習字

日本習字さん2023.12月号、隷書の課題を字幕付きで解説してみました。

隷書はまた独特です。

でも楷書の元になったものですので、ぜひチャレンジすべきものでもあります。

大原則はやはり「中鋒」で書くこと。

次に隷書はヨコ画を強調して書くと良いです。

これは歴史的な要請からそうなってできた書体だからというのがありますが、ここでは長くなってしまいますので割愛いたします。

まずはヨコ画をメインに書いてみると良いと思います。

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
CLOSE

Warning: Undefined array key "show_hatena_btm" in /home/ranteinojo/syoka-koyoblog.com/public_html/wp-content/themes/muum_tcd085/footer.php on line 320

Warning: Undefined array key "show_pocket_btm" in /home/ranteinojo/syoka-koyoblog.com/public_html/wp-content/themes/muum_tcd085/footer.php on line 325