【日本習字課題解説】2023.12草書「瑞気満天地」を字幕付きで解説してみました

書道教室関係

日本習字さん2023.12月号、草書の課題を字幕付きで解説してみました。

草書でのまず大前提として、一字を書く中で「どこで留まるポイントを見つけるか?」が挙げられます。

ひらがなも実はそうだったりしますが、元となる草書も留まる箇所を自分なりに見つけることが大切です。

草書はくるくると円転自在に書かなければならない分、留まらなければならない箇所がおざなりになりがちです。

動画を観ていただいて、そういった視点で学んでいただくのも良いと思います。

オンLINE書道教室【LINEを利用した添削書道教室】

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法・本当の書を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP