【日本習字体験記⑩】2024.4月号課題の添削が戻ってきました

日本習字

日本習字体験記ということで、別の書道団体で師範資格(鹿児島書林)を取った著者が通信講座を受講した体験を赤裸々に書いていきます。

2024.4月号の出品の添削の返送がありました。

今回は草書課題を提出していまして、返送されてきたものはこんな感じでした。

「物」の3画目がブレてしまいご指摘を受けています^^;

おっしゃる通り!

中鋒になってはいてもスピードがないとこのようにブレブレになってしまいますね。

草書はあまり観て書けない所以だと感じます。

精進あるのみ!来月も頑張ります!

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP