綺麗な文字の書き方(71)【マス目の世界に囚われ過ぎはいけない】

美文字レターバックナンバー

学校では四角のマスの中に字を書いて練習します。

そして、いろんな美文字の教材もそういったものが結構多いです。

教える側としても習う側としても、

字を覚える、綺麗なカタチを覚える、

という意味では確かに便利で効率的なのですが、

ひとつ、どこかで分かっておいて欲しい事があります。

それは、

字はもともと四角ではない、

という事。

うすうす感じているかもしれませんが、文字はいろんな形になります。

象形文字というのを聞いたことがあるかもしれせんが、モノの形をかたどったのが文字の始まりです。

なので丸だったり、楕円形だったり、長方形だったりします。

そういうことから、あまりにマスにハメて練習する時間が長すぎると、

それに囚われすぎて変化の無い字しか書けなくなってしまいます。

私の実体験としてもそうなのですが、

習字教室では毛筆で半紙に四角マスの中に練習します。

それをずっとやっている弊害として、無意識のうちに四角マスに綺麗にハマるように書いてしまう。

もちろん、それが綺麗な字でもあり練習には必要なのですが、やはりそこから分かって脱出する必要があると感じるのです。

そういうわけで、四角マスはあくまで練習の都合、という事をどこかで分かって、

自由な文字本来の形でもって書くように心がける事も、本当の意味での綺麗な字に繋がっていくと思います。

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP