綺麗な文字の書き方⑭【ゆったり書くクセを付けよう】

美文字レターバックナンバー

ゆったり書くクセを付けよう

これはそのままの意味なのですが、

「心がけよう」というレベルではなく
「クセを付けよう」とだいぶ強くお伝えしたい事です。

クセにして欲しいぐらい、美しく書くという事において大切な事です。

逆にゆったり書くと、美しく、丁寧になります。

テストの答えを「カカカカカッ!」と机を叩くように速く書かないといけない時は別ですが、

とくに急ぐ必要のない時、自分の署名をされる時などは、

急いで書いてもゆったり書いても、
ほんの数秒しか変わらないはずです。

「読んでもらう字、見てもらう字」でもお伝えしたとおり、

字というのは書き終わった瞬間からひとりでに情報を発信しだします。

何かを成す、という成功の「成」という字がありますが、
この字は

「戊」は、ハンマーの形を
「丁」は、杭とか釘の形を表しています。

何かを成し遂げた時に、金字塔を打ち立てるとかいいますし、ローマは一日にして成らずという言葉もあります。

字を書く時でもある程度は時間をかけて、成すように、ハンマーで杭を打ち込むようにして書くと、自然と時間がかかって書くスピードもゆったりになってきます。

なので美しく書くためにはなるべく「ゆったり」をクセにしていただきたいと思います。

そして「ゆっくり」ではなく「ゆったり」とお伝えしているのは、私自身がなかなか「ゆっくり」書けないからで、ついつい速く書いてしまいがちです。

「ゆっくり」ではなく「ゆったり」なら、なんか出来そうという想いからお伝えしました。

ぜひとも「ゆったり」書くクセをつけていただきたいです。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP