ひらがな「ろ」書き方解説(教材DL可・動画付き)

ひらがな

ひらがな「ろ」を書く時の極意

今回はひらがな「ろ」です。

ひらがなの「ろ」は1画しかありませんが、この字は奥が深い字です。

シルエットは逆五角形

まずは形から捉えていただきたいです。

ひらがな「ろ」のシルエットは逆五角形になります。

上が小さ目で下が大きいタテに長い形の逆五角形になります。

最初はすくい上げるように

「ろ」は1画しかありませんが、大きく分けて3つに分かれます。

1つめのヨコ画は「少しすくい上げるように書く」と良いです。

これは「美文字のコツ:絶対に上手くなる!基本点画のコツ」でも書いたヨコ画は

・「若干右上がりに書くのがコツ」

・「その角度は6度(時計の針でいうと14分の角度)」

の2つのポイントと同じことなのですが、すくい上げるように角度をつけて書くと良いです。

ひらがな「ろ」1画目

ナナメ画はタテ気味に

続いてナナメに折り返す画ですが、この画はあまり寝かして書かずにタテ気味に書くと良いです。

ひらがな「ろ」ナナメ画

最後は〇を意識

最後の画は丸く書いていく画ですが、ここは丸い空間を意識して書くと良いです。

そしてその丸はタマゴの形だとなお良いです。

「ろ」最後の画は丸く

折り返し箇所に注意

それから、「ろ」を書く時の一番のポイントが

「折り返すトコロに注意する」です。

この折り返しポイントで「アクセント」を付けるように意識すると良いです。

過去記事でも「単調は良くない」「変化がないとダメ」ということは何度も申し上げていますが、画数が少ない「ひらがな」は特に単調になりやすいです。

なので、少ない画数の中のどこでアクセント・変化をつけるかを考えることが大事です。

ひらがな「ろ」の極意2

一瞬止める場所が2か所あります。この止める瞬間を作ることが自然とリズム・テンポを生み出すことになって、美文字に繋がります。

そして折り返し部分が一番のキモになります。

「行ったら戻る」という部分をしっかりダブらせること。そうすることで線が重なってこの部分が濃くなります。その結果、濃淡が出て単調になりやすい「ろ」の中にアクセント・変化が出てくるというわけです。

「ろ」は「呂」漢字の成り立ち

ひらがな「ろ」の書体の流れは以下のとおりです。

ひらがな「ろ」書体の流れ

「ろ」の元になった漢字「楷書」は「呂」です。

お風呂の「呂」ですね。

この字は「せぼね(背骨)」という読み方もします。背骨を象(かたど)った字なのです。背骨はレントゲンで見ると四角い形をしているようにも見えます。なので口をタテに2つ並べて背骨を表した字なのです。

書体の流れから、篆書(てんしょ)と隷書(れいしょ)の頃は、口2つは同じような大きさですが、草書(そうしょ)・楷書(かいしょ)になってくると、上の口が小さく下の口が大きくなるような書き方をしてきます。

これは「単調にならないようにするための工夫」と私は考えます。同じ大きさの口を二つ並べても単調になるので、上を小さく下を大きくして変化を付けているわけです。

重心という考え方を「美文字のコツ:字の右下に重心を置くこと」の記事にも書きましたが、楷書(かいしょ)・草書(そうしょ)の「呂」を書く場合でも、2つ目の折り返し部分に重心が集まってきます。画が集まっている場所とも言えます。

そして「美文字の極意:主役の画と脇役の画」の記事でも書きました「主画」という意味でも、折り返しのこの部分が「主役」になる場所と言えると思います。

そういった工夫を込められた草書(そうしょ)から「ろ」は産まれた字なので、上に書いた折り返し部分が一番のキモということに繋がってきます。

楷書と行書それぞれに合わせるには…

「ろ」の場合も

「美文字の知識:書体の使い分けについて」

「美文字への道(ひらがな編)「い」」

の記事と同じで

・「楷書」は「直線的」に

・「行書」は「曲線的」に

書くと良いということになりますが、書いてみると画像のような感じになります。

「ろ」楷書行書に合うよう

あくまで書くときの心がけとか気持ちで良いので、このように書くと楷書・行書と調和してくると思います。

ヨコ書きの「ろ」を考えた場合

それから、ヨコ書きの「ろ」を考えた場合、

「ろ」はどうしても左下に払って終わる字なので、タテ書き専用っぷりがハンパじゃないです。

  こちらは参考に読んでいただけるとありがたいです。

  →「美文字の知識:ホントはタテ書きでこその美文字」

「ろ」は左下で終わる

なのでどうすれば良いかを考えた時に、なかなか苦しいですが、こう書いてみると良いと思います。

「ろ」をヨコ書きする書き方

少し左側に倒し気味に書いて、最後の払いを右に繋がる気持ちで書くようにすると良いと思います。

「ろ」をヨコ書きする書き方2

タテ気味にするコツは、ナナメ画をもっとタテ気味にすれば良いです。どうしても右へ右へと繋がる動きに文字を作らなければならないため、最後の払いは少し不自然かもしれませんが繋がる動きが見えた方が流れが見えて美しい文字に見えます。

まとめ

  • シルエットは逆五角形
  • 最初はすくい上げるように
  • ナナメ画はタテ気味に
  • 最後は〇を意識
  • 折り返し箇所に注意
  • ヨコ書きは最後の払いが右に繋がるように書く

「ろ」の書き方まとめ

いかがだったでしょうか?

たくさんポイントを挙げましたが、一番は折り返し部分に注意していただければ「ろ」の神髄は会得できたも同然だと思います。

ひらがな「ろ」解説動画

 

実際に書いている所の動画をご用意しました。

文字の形も、もちろん大切ですが、ペン先の微妙な動きにも注目していただけるとありがたいです。

 

●美文字練習ノート【ひらがな編】を作成しました。

この記事の解説を見ながら練習できる、美文字練習ノート(A4横サイズ)を作成しました。

ナゾリ書きはもちろん、いろんなサイズで練習できるようにしました。

さらに解説動画をがんばって作りました!

そしてさらに無料でダウンロード可能です!!

ぜひご活用いただきたいです!!!

詳しくはこちらからどうぞ↓↓

【もう読めないなんて言わせない】綺麗な字の本質=エッセンスを最速で学びませんか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP