綺麗な文字の書き方㊶【紙の裏から、自分の字を見てみる】

美文字レターバックナンバー

紙の裏から、自分の字を見てみる

たまには自分の書いた字を裏から透かして見るのも良いです。

毛筆ではペラっとめくればそのまま裏返しの字を見ることができますし、

ペン字や筆ペンなどでは普通の紙で分かりにくいので、窓に当ててみて透かしてみると良いです。

そうすることで、反転した字になります。

これは、よく美術などのデッサンが狂っていないか?という事をチェックする時の方法なのですが、

マンガ(昔はよく書いていました)を書く時に、原稿用紙を裏から透かしてキャラクターなどのデッサンのチェックにも使っていました。

これを字を書いた後のチェックにも使うと良いと思うのです。

パソコンの字などの活字は左右対称なものもありますが、手書きの文字というのはそうではありません。

左右のバランスが上手く取れているか?というのは、この方法という視点でチェックしてみるのも良いと思います。

とくに左右に展開するハライの角度など、通常、気が付かなった事に気付けたります。

感覚的に「あれ?微妙に角度が良くない…?」など、

この「感覚的に」がとても大切だと思うのですが、

書を理解するという意味ではこの感覚がすごく大事です。

このデッサンチェック法、たまにはやってみるのも良いと思います。

綺麗な文字への近道【美文字レター】

さくっと読める綺麗な文字の近道となる小話をお届けします。

さらに今なら、

・一番書く機会の多い自分のお名前の3つのポイント(解説動画)

・お名前お手本シートの制作してお届け

を無料で登録者特典としております。

詳しくは下記から↓

ひらがなを本気で綺麗になりたいあなたへ

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP