綺麗な文字の書き方㉘【書いている途中を見ること】

美文字レターバックナンバー

書いている途中を見ること

もしも字が上手な方が書いている時を見る機会があれば、
率先して見るようにすることも大切です。

周りにそういった方がいあれば、
例えば「わたしの名前を書いてもらえない?」

という風に、上手な人ならどう書いているのか?
途中経過をよくよく観察することも大事です。

以前もお伝えしたように、
1→2画目がまずは大切なように

上手い人の字というのは
1、2画目だけの文字になっていなくても
バランスが取れているものなのです。

これは古典も例外なくそうなのですが、
文字の途中を切り取っても素晴らしいものです。

「百聞は一見にしかず」

という言葉があるように、一見ですごい情報を得ることができます。

そういった機会をたまには持つことも大事ですし、

もう一つ、上手い人が字を書いている時というのは
躍るように書いている方が多いです。

これは私がいろんな方の書いている機会を見ていて気付いたのですが

上手な方というのは、書いている時もリズミカルに
まるで踊っているように書いています。

それは手先だけではなく、身体全体が、です。

もっと言えばその人の呼吸、
という事までなってきます。

気を盗む、ではありませんが、その人だからこそ成せる
呼吸やリズムを感じることも素晴らしい学びになると思います。

そういった事で、観る機会をあればよく観察いただき
お願いできる方がいればぜひ書いて見せていただくのも大変に良いと思います。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

綺麗な字を書く方法を定期レターでお届け。登録無料です。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP