綺麗な文字の書き方⑧【行ったら「必ず」戻す】

綺麗な文字の書き方のヒント

行ったら「必ず」戻す

これはどういう事かと言いますと、
ペン字であっても重要視してほしい「トンスートン」の事です。

始めの「トン」にしろ、
終わりの「トン」にしろ、

【すべての画】でこの動きを、
現実は無理でも心がけて書いてほしい。

という事です。

それでも、なかなかムズカシイという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで一つアドバイスですが、
言葉でつぶやきながら、書くのも良いです。

とくに終わりの「トン」について、
線を書く動きを進めて行きながら、

「行ったら「必ず」戻す。」
「行ったら「必ず」戻す。」

というように言葉をつぶやきながら書いてみる。

この「戻す」の部分が、
終わりの「トン」になります。

そしてわざわざカッコまでつけています
「必ず」が肝心です。

私も日々、練習している時に忘れがちなので心の中でつぶやくようにしています。

よろしければお試し下さい。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

美文字の近道をお届け!今なら有料級の豪華特典付き!!

田畑明彦

田畑明彦

美文字を求めてもう30年以上?!脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。綺麗な文字の書き方のいろんな事を常に発信していきます。字は誰でも綺麗になれる!!無言フォローしたら…温かい目で見て下さい。好きな書の古典は「寸松庵色紙」「蘭亭叙」など。漢字5体と仮名すべてやった果ての美しい日本語を追究しています。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP