カタカナ「シ」書き方解説

カタカナ

カタカナ「シ」徹底解説

カタカナ「シ」のペン字の綺麗な書き方を徹底解説していきます。

カタカナは「漢字」の一部分のパーツだったり、または丸ごと全部から作られている文字です。

実はあまり知られていない?かもしれませんが「漢字」をきれいに書けるようになるには「カタカナ」をまずは徹底的に練習することが一番の近道だったりします。

そんなカタカナの「シ」ですが、一番のポイントは3画目の角度に気をつけるということです。そういった点もふまえて説明してまいります。

シルエットはひし形をイメージして

まずは書く前のシルエットとしてとらえていただきたい形ですが、

カタカナ「シ」のシルエットは「ひし形」

をイメージすると良いです。

シルエットはひし形をイメージして

ひし形ですが、イメージとしては右へ飛び出したような形のひし形です。

書き出す前のほんのちょっとの時間、なんとなくで良いのでイメージしてから書くと良いです。

1画目は短い画ですがしっかりと書く!

まずは1画目、短い画になりますが、

短い点のような画だからといって、おろそかにしない、

サッサっと簡単に書かないのがコツです。

短い画だからこそトンスートンをしっかり行いながら

書くと良いです。

1画目は短い画ですがしっかりと書く!

トンスートンというのはこちらの記事の中にある「楷書の基本であり極意であるトンスートン」で詳しく説明してありますのでぜひご覧ください。

短い画や点であったり、または行書のようなくずし文字であっても、このトンスートンというある意味

ケジメをつけるような動きで書く、というのが本当の意味で綺麗な字ということになってきます。

1→2画目の見えない線を意識

次は2画目に移っていきますが、その時に、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。

1→2画目の見えない線を意識

トンスートンの「おわりのトン」で戻した動きのまま、紙からスッと離れて、

そのままの動きで空中に見えない線を書くように、つながりを意識しながら書くと良いです。

2画目も短い画ですがしっかりと書く!

2画目を書いていきますが、1画目と同じく短い画になります。

2画目もトンスートンをしっかり行って書く

ようにすると良いです。

2画目も短い画ですがしっかりと書く!

そしてこの時のコツとして、2本、短い線がならぶ形になりますので、

なるべくこの2本の線の角度が同じにならないように、

ビミョウに違った角度になるようにすると良いです。

ちょっとした事ですが、こういった所が大事な部分です。

2→3画目の見えない線を意識

つづいて3画目に移っていきますが、ここでもまた、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。

2→3画目の見えない線を意識

ここでも1→2画目と同じように、スッと離れた動きをそのまま次につなげる気持ちで書くと良いです。

3画目、下からすくい上げ角度に気をつけて

そして最後の3画目、「シ」を書くときのクライマックスで一番のポイントですが、

・ググっと沈みこむように力を入れて

・下からすくい上げるように、思い切って進めて角度に気をつけ

・最後のハライも紙からスッと離れていくように

書くのがポイントです。

3画目、下からすくい上げるように思い切って!

カタカナ「シ」の一番も見せ場であり、大事な3画目ですが、

この3つのポイントは、やはりそれぞれがトンスートンのリズムになります。

そして中でも、その角度に気をつけると良いです。

シルエットのカドに向かっていくイメージで、1・2画を包みこむようにするとバランスが取れてきます。

最後は「トン」ではく「スッ」となりますが、ケジメをつけるような、紙からペン先が離れていく瞬間に

いつも以上に神経を集中させて書く、ということが綺麗な字の極意です。

「シ」の元ネタ、「シ」は「之」の草書体から

ここでカタカナ「シ」の元になったネタをご説明しますと、

「シ」は漢字の「之」の草書体から

できています。

「シ」の元ネタ、「之」の草書体から

漢字の「之」は「の」とか「これ」とも読み、よく人の名前にも用いられますし「シ」とも読みます。

その「之」の草書体(そうしょたい)という「くずし文字」から、カタカナ「シ」はできています。

ちなみにひらがな「し」も同じ元ネタになります。

こちらもぜひ参考にされて下さい。

「し」は「之」漢字の成り立ちのところで説明してあります。

楷書・行書それぞれに合わせるには

楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)に合わせるといった考えでカタカナ「シ」を考えた場合ですが、

・「楷書」は「直線的」に

・「行書」は「曲線的」に

です。

楷書・行書それぞれに合わせるには

カタカナ自体、そもそも角ばった形なので自然と楷書(かいしょ)にマッチしてきます。

ですが「くずし文字」や「早書き」のような行書(ぎょうしょ)としてマッチさせるには、

画像のように書いている時の動きをいつも以上に意識して、流れるような気持ちで書くようにすると良いと思います。

ヨコ書きの「シ」を考えた場合

「カタカナ」をヨコ書きで美しく書こうとする場合「ひらがな」以上にいろいろと問題が多いと考えています。

ですが「シ」に関しては最後を右上へハラって終わる字なので、逆にタテ書きよりもヨコ書きにマッチしていると言えます。

ヨコ書きの「シ」を考えた場合

右上へハラって終わる「シ」は、右へ右へと書くヨコ書きは問題なく書けます。

まとめ

  • シルエットはひし形をイメージして
  • 1画目は短い画ですがしっかりと書く!
  • 1→2画目の見えない線を意識
  • 2画目も短い画ですがしっかりと書く!
  • 2→3画目の見えない線を意識
  • 3画目、下からすくい上げ角度に気をつけて

「シ」まとめ

カタカナ「シ」で一番心がけていただきたいのは3画目の角度に気をつけるということです。

3画目の角度しだいでバランスが決まります。

トンスートンをしっかり行いながら、角度に注意して書くようにすると良いです。

このポイントだけで良いのでぜひ覚えて実践してみて下さい。

カタカナ解説特典付きのメルマガを始めました

当ブログでは、

ひらがな練習ノート(教材DL可・動画付き)を無料公表しておりますが、

カタカナ練習ノート(教材DL可・動画付き)についてはメルマガ特典としてご用意しております。

綺麗な字になるお役立ち情報を厳選してお届けいたします。

この機会にぜひいかがでしょうか?

「ナゾり書き」や「添削」では
足りない部分があります

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP