カタカナ「タ」書き方解説

カタカナ

カタカナ「タ」徹底解説

カタカナ「タ」のペン字の綺麗な書き方を徹底解説していきます。

カタカナは「漢字」の一部分のパーツだったり、または丸ごと全部から作られている文字です。

実はあまり知られていない?かもしれませんが「漢字」をきれいに書けるようになるには「カタカナ」をまずは徹底的に練習することが一番の近道だったりします。

そんなカタカナの「タ」ですが、一番のポイントは2画目を折れた後をタテぎみにしてゆっくりハラうということです。そういった点もふまえて説明してまいります。

シルエットはナナメ四角をイメージして

まずは書く前のシルエットとしてとらえていただきたい形ですが、

カタカナ「タ」のシルエットは「ナナメ四角」

をイメージすると良いです。

シルエットはナナメ四角をイメージして「タ」

タテ長の平行四辺形のイメージです。

なんとな~く、書き始める前のほんの一瞬だけ意識することを心がけるようにすると良いです。

1画目、トンスースーのリズムで

まずは1画目、短い左ハライの線(画)ですが

トンスースーのリズムで書く

ようにするのがポイントです。

1画目、トンスースーのリズムで「タ」

トンスートンという、線(画)の書き方の基本中の基本をこちらの記事の中にある「楷書の基本であり極意であるトンスートン」で詳しく説明してありますのでぜひご覧いただきたいです。

そのトンスートンを基本・ベースにした上で、

「おわりのトン」のかわりに「おわりのスー(スッ)」

で書くイメージです。

おわりを「トン」とする所を「スー(スッ)」と左にハラっていきますが、このスーの部分を線(画)をおさめるような気持ちでケジメをつけて、

紙からやさしくスッと離れていくように書くと良いです。

ペンの先が、紙の上にハラウギリギリまでいて、スーと飛行機が離陸するときの一瞬ふわっと浮くようなイメージです。

1→2画目の見えない線を意識

1画目の短い左ハライ、おわりのスーでやさしく紙から離れたら、

次は2画目に移っていきますが、その時に、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。

1→2画目の見えない線を意識「タ」

ギリギリまで紙の上にいた後「スッ」と離れたら、その動きを止めないで、

そのまま空中へ見えない線を書くような動きをするのがポイントです。

かならずしも、実際にそういった動きをしないといけないわけではありませんが、

つながっているような気持ちで書くことが大事です。

2画目、カドはきちんと折り返して

続いて、カクっと折れる「折れ」の部分を書いていきますが、この時に

きちんと折り返してカドをつける

ことが大事です。

2画目、カドはきちんと折り返して「タ」

上の画像は少し極端な動きで書いていますが、線と線を少しだけ重ねるような動きで、

一瞬クッと折れるような動きで書くようにすると良いです。

2画目、タテぎみにゆったりとハラう

きちんと折り返したら長めの左ハライを書いていきますが、ここの線を

・タテぎみにして

・ゆったりハラっていく

ようにすると良いです。

2画目、タテぎみにゆったりとハラう「タ」

カクっと折れたら、イメージしたシルエットに沿うようにして、タテぎみに進めていきます。

そうすると、自然と1画目と角度が変わってきます。

実は角度をそろえないようにするのが隠し味のような地味ですが、さりげない綺麗に書くポイントです。

2画目さいごの左ハライも、1画目と同じように、

ギリギリまで紙の上にペン先がいるようにして、スッという感じで離れていくようにハラウと良いです。

2→3画目の見えない線を意識

1→2画目に移るっていく時と同じように、

2→3画目についても、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。

2→3画目の見えない線を意識「タ」

画像のように、ペン先が宙を舞うような感じで、つながりを意識して書くようにすると良いです。

3画目、2画目と直角に交わるように

そして最後の3画目を書いていきますが、

ここもきちんとトンスートンを書くようにすることはもちろんですが、

2画目と直角に交わるように

書くのが良いです。

3画目、2画目と直角に交わるように「タ」

直角に交差させることによって、「タ」の中にできる白い部分(空間)がすっきりと見えるようになります。

ここもさりげない事なのですが、こうった部分が綺麗に見えるポイントになります。

「タ」の元ネタ、「タ」は「多」の一部分から

ここでカタカナ「タ」の元になったネタをご説明しますと、

「タ」は漢字の「多」の一部分から

できています。

「タ」の元ネタ、「多」の一部分から

漢字の「多」は「おおい」だったり、また「た(タ)」とも読みます。

もともとの発音も同じですし、カタカナ「タ」は漢字「多」の一部分から、というのを知っているだけでも良いと思います。

カタカナ「タ」を綺麗に書けるようになると、夕方の「夕」だったり、角度を少し変えるだけで「多」やそれに近い漢字のパーツも自然と綺麗に書けるようになってきます。

やはりカタカナをまずは徹底して綺麗に書けるようになることが漢字につながるのはこういった所からなのです。

楷書・行書それぞれに合わせるには

楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)に合わせるといった考えでカタカナ「タ」を考えた場合ですが、

・「楷書」は「直線的」に

・「行書」は「曲線的」に

です。

楷書・行書それぞれに合わせるには「タ」

カタカナ「タ」は漢字の「多」の一部からきていると述べたとおり、もともと漢字の一部分なのでそのまま書いても自然と楷書(かいしょ)にマッチしてきます。

ですが「くずし文字」や「早書き」のような行書(ぎょうしょ)としてマッチさせるには、画像のように書いている時の動きをなめらかにして、

ペンの動きをとくに重視してを流れのある動き・気持ちで書くようにすると良いと思います。

ヨコ書きの「タ」を考えた場合

「カタカナ」をヨコ書きで美しく書こうとする場合「ひらがな」以上にいろいろと問題が多いと考えています。

ですが「タ」に関しては最後を右下へ止めて終わる字なので問題なく書けると思います。

ヨコ書きの「タ」を考えた場合

ペンの動きを少し戻すようにおわりのトンをしっかりと書いて、その動きをそのまま右へとつなげるようにすると良いです。

まとめ

  • シルエットはナナメ四角をイメージして
  • 1画目、トンスースーのリズムで
  • 1→2画目の見えない線を意識
  • 2画目、カドはきちんと折り返して
  • 2画目、タテぎみにゆったりとハラう
  • 2→3画目の見えない線を意識
  • 3画目、2画目と直角に交わるように

「タ」まとめ

カタカナ「タ」で一番心がけていただきたいのは2画目を折れた後をタテぎみにしてゆっくりハラうということです。

タテぎみにして、そして3画目も直角に交差させることで、中にできる白い空間が綺麗に見えるようになって、結果として綺麗な「タ」になります。

このポイントだけで良いのでぜひ覚えて実践してみて下さい。

カタカナ解説特典付きのメルマガを始めました

当ブログでは、

ひらがな練習ノート(教材DL可・動画付き)を無料公表しておりますが、

カタカナ練習ノート(教材DL可・動画付き)についてはメルマガ特典としてご用意しております。

綺麗な字になるお役立ち情報を厳選してお届けいたします。

この機会にぜひいかがでしょうか?

最短最速で綺麗なペン字になりたい方へ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP