カタカナ「チ」書き方解説

カタカナ

カタカナ「チ」徹底解説

カタカナ「チ」のペン字の綺麗な書き方を徹底解説していきます。

カタカナは「漢字」の一部分のパーツだったり、または丸ごと全部から作られている文字です。

実はあまり知られていない?かもしれませんが「漢字」をきれいに書けるようになるには「カタカナ」をまずは徹底的に練習することが一番の近道だったりします。

そんなカタカナの「チ」ですが、一番のポイントは3画目をタテぎみ書くということです。

そういった点もふまえて説明してまいります。

シルエットはひし形をイメージして

まずは書く前のシルエットとしてとらえていただきたい形ですが、

カタカナ「チ」のシルエットは「ひし形」

をイメージすると良いです。

シルエットはひし形をイメージして「チ」

書きはじめる前のほんの一瞬でいいので、ぼんやりとひし形をイメージしてから書くと良いです。

1画目、水平ぎみを意識して

まずは「チ」の1画目、だいたい上あたりからスタートして書いていきます。

イメージしたシルエットひし形の上のカドぐらいから始めると良いですが、

この「チ」の1画目、実はけっこうムズカシクて、でも大事な画です。

・トンとスタートさせたら、一度右へグッ!と押し出すように書き、

・左へ水平ぎみに進めて、

・紙からやさしくスッと離れる

ように書くのがポイントです。

1画目、水平ぎみを意識して「チ」

「チ」の1画目は、漢字でもとてもよく出てくる画になります。

ですが右手で書く場合だと、なかなかに引くのがムズカシイ動きになります。

ついついタテぎみに書いてしまいがちなのです。

「左へ水平ぎみに書く」というのを意識して書くと良いです。

ぐっと右へ押し出した反動で、左へ水平にゆっくりと書いて、

紙からスッとここもゆっくりと離れるようにすると良いです。

1→2画目の見えない線を意識

次は2画目に移っていきますが、その時に、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。

1→2画目の見えない線を意識「チ」2

左へ水平ぎみを進めて、紙からやさしくスッと離れた後、

その動きを止めないで、そのままの動きで見えない画を空中に書くようなイメージです。

実際にこういう動きを必ずしなければならない、というわけではありませんが、

つながっているという意識で書くことが大事です。

2画目、シルエットいっぱいに引く!

そして2画目を書いていきますが、

・イメージしたシルエットのカドからカドいっぱいに、

・トンスートンをしっかりと行って、

・少し右上がりに反るように

書くのがポイントです。

2画目、シルエットいっぱいに引く!「チ」

トンスートンというのはこちらの記事の中にある「楷書の基本であり極意であるトンスートン」で詳しく説明してありますのでぜひご覧ください。

2画目のここは1画目からの動きを受けたそのままに思い切って引くようにするのがコツです。

2→3画目の見えない線を意識

つづいて3画目に移っていきますが、ここでもまた同じように、

見えない線をきちんと空中に書く

気持ちが大切です。2→3画目の見えない線を意識「チ」

1→2画目と同じように、2画目をトンスートンの「おわりのトン」で戻した動きをそのまま、

ペン先が宙を舞うようなイメージでつながりを意識して書くと良いです。

3画目、タテぎみを基本にして

さいごの3画目、「チ」を書く中でここが一番のポイントですが、

・中心にそうようにタテぎみにして

・さいごは少し左へ向けてスッとハラう

ようにすると良いです。

3画目、タテぎみを基本にして「チ」

あくまでタテぎみを原則にして、中心から右へ少しだけズラして書くと良いです。

ズラすのは最後に少し左へハラうからで、ド真ん中から3画目をはじめてしまうと

どうしても「チ」として全体的に左へ寄って見えてしまいます。

タテぎみを原則にすることで、「チ」の背骨であるこの3画目が立って見えて、

2画目との交差点も直角になってきます。この直角交差も大事なポイントです。

さいごの左ハライもあまり極端にはしないで、さりげなく左へ曲げてスッと紙から離れるような動きで書くようにすると良いです。

「チ」の元ネタ、「チ」は「千」の全部から

ここでカタカナ「チ」の元になったネタをご説明しますと、

「チ」は漢字の「千」の全部から

できています。

「チ」の元ネタ、「千」の全部から

3画目のさいごを左へハラうか、そのまま下へ降ろすかの違いだけです。

なのでそのまま漢字の「千」から、カタカナ「チ」はできています。

1画目と2画目はまったく同じで、さいごだけが違うだけです。

なのでカタカナ「チ」を綺麗に書けるようになると、

自然と漢字の「千」も、またノギヘン「禾」という漢字のパーツの付いた漢字も綺麗に書けるようになってきます。

こういった所が、カタカナを徹底的に練習すると漢字の綺麗さへの近道になる理由です。

楷書・行書それぞれに合わせるには

楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)に合わせるといった考えでカタカナ「チ」を考えた場合ですが、

・「楷書」は「直線的」に

・「行書」は「曲線的」に

です。

楷書・行書それぞれに合わせるには「チ」

カタカナ「チ」は漢字の「千」の全部からきていると述べたとおり、もともと漢字そのものなのでそのまま書いても自然と楷書(かいしょ)にマッチしてきます。

ですが「くずし文字」や「早書き」のような行書(ぎょうしょ)としてマッチさせるには、画像のように書いている時の動きをなめらかにして、

ペンの動きをとくに重視してを流れのある動き・気持ちで書くようにすると良いと思います。

ヨコ書きの「チ」を考えた場合

「カタカナ」をヨコ書きで美しく書こうとする場合「ひらがな」以上にいろいろと問題が多いと考えています。

「カタカナ」が発明された理由からもそうですが、左下に打ち込むようにしてハラって終わるカタカナの「チ」は右へ右へと書いていくヨコ書きにはそもそもマッチさせにくいと思っていた方が良いです。

ヨコ書きの「チ」を考 えた場合「チ」

左下へ向けて右へ書くのと逆方向でペンの動きが終わる字なので、いつも以上につながりを意識して書くようにすると良いと思います。

まとめ

  • シルエットはひし形をイメージして
  • 1画目、水平ぎみを意識して
  • 1→2画目の見えない線を意識
  • 2画目、シルエットいっぱいに引く!
  • 2→3画目の見えない線を意識
  • 3画目、タテぎみを基本にして

「チ」まとめ

カタカナ「チ」で一番心がけていただきたいのは3画目をタテぎみ書くということです。

3画目は「チ」の背骨とも言えます。

タテぎみを心がけることで2画目とも直角に交差し、バランスの取れた綺麗な「チ」になります。

このポイントだけで良いのでぜひ覚えて実践してみて下さい。

カタカナ解説特典付きのメルマガを始めました

当ブログでは、

ひらがな練習ノート(教材DL可・動画付き)を無料公表しておりますが、

カタカナ練習ノート(教材DL可・動画付き)についてはメルマガ特典としてご用意しております。

綺麗な字になるお役立ち情報を厳選してお届けいたします。

この機会にぜひいかがでしょうか?

最短最速で綺麗なペン字になりたい方へ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP