綺麗な文字の書き方(57)【テンを打つ時は穂先が空中にあるように書く】

美文字のヒント

このことはかなりマニアックな事なのですが…

私も最近になってようやく分かってきた部分です。

「綺麗な字を書くには、ペンや筆を躍動させて書く」

という事をお伝えしてきていますが、

これはその躍動という動きの中でテンを打つ時の極意を表した言葉です。

トンスートンの「おわりのトン」でしっかりとケジメを付けて収筆させたら、

そのままに、筆に溜まった弾力を維持したままに、テンを打ちに行く。

本当に瞬間的なものですが、

筆が戻ろうとする瞬間に穂先が空中に来るようにテンを打つ。

そういった動きを心がけることで、

テンの中心に穂先が来るようになります。

これを中鋒(ちゅうほう)と言いますが、

「すべての画は穂先が中心を通るように書く」

という、書の鉄則を外さない書き方になります。

なんだかマニアックで難しくてよく分からない…

かもしれませんが、動画などでも解説していこうと思います。

美しい文字のあまり語られない秘密。美文字レターを定期配信します。

田畑明彦

田畑明彦

字は誰でも綺麗になれます!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。美文字を求めて30年…脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。書の勉強の果ての日本語を美しく書くべく修行中です。最近YouTubeのショート動画にて美文字の解説しております。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP