綺麗な文字の書き方㉚【間の上手さを目指す】

綺麗な文字の書き方のヒント

間の上手さを目指す

「間のうまさ」というのは、単純にいうと字と字の間の字間のことをいいます。

綺麗な文字の書き方、と一口に言ってもいろんな要素があるわけですが、

その一つの要素として、美しい文字を綺麗に並べていって

言葉として、文章として書いて、

トータルでも美しい書き方もその中に入ります。

原稿用紙など、マス目にはめて書いていく場合は別として、

本来的には字と字の間というのは自由でフリーなものです。

漢字とひらがなは画数も違ってくるので、

もともとの字が占める空間というのは違ってきます。

字と字のうまさと目指すというのは、そういった事も考えながら

字間の空間をどう配置するか?

と意識しながら書くということです。

学校で字を習う場合、四角のマスにあてはめて覚える訓練をします。

覚えるには大変便利なのですが、その弊害として型にハマった字だったり、

型にハメた字の配置しかできなくなってしまう事があります。

等しい間隔で字を配置してしまったりは、その最たるものです。

本来的には字間はキッチリとそろえる必要はなくて、

そろえるべきではないです。

そういった事を考えながら、言葉として文章として、

トータルな美しさを考えてみるのも良いと思います。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

美文字の近道をお届け!今なら有料級の豪華特典付き!!

田畑明彦

田畑明彦

美文字を求めてもう30年以上?!脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。綺麗な文字の書き方のいろんな事を常に発信していきます。字は誰でも綺麗になれる!!無言フォローしたら…温かい目で見て下さい。好きな書の古典は「寸松庵色紙」「蘭亭叙」など。漢字5体と仮名すべてやった果ての美しい日本語を追究しています。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP