【日本習字課題解説】2023.12楷書「光陰命誰待」を字幕付きで解説してみました

日本習字

日本習字さん2023.12月号、楷書の課題を字幕付きで解説してみました。

全体的にヨコ画の多い課題ですが、ヨコ画を並べて書く時の余白の大きさに注意すると良いと思います。

こういった画の並べ方を排畳(はいじょう)「重ねて並べる」と言ったりしますが、疎密に注意、とくに余白を大きく取り過ぎることが字がやたら大きくなってしまう原因となりがちです。

小学生が書く場合に字が大きくなってしまう原因もこのヨコ画の配置の仕方にあると思います。

「分間布白(ぶんかんふはく)」という、点画を等間隔に配置し、空白を均等にする、という言い方もしますが、それと全く同じです。

ぜひヨコ画の配置を考えて書いてみると良いかと思います。

「書」はきちんと学ばないと徒労に終わってしまう?!筆の持ち方から線の引き方。懇切丁寧にそのまでは聞いた事ない!という内容でご指導します。

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP