綺麗な文字の書き方㉔【線と線を対比させる】

美文字レターバックナンバー

線と線を対比させる

文字の中には向かい合う二本の線が出てくるものがあります。

例えば「二」「円」「開」など、

タテでもヨコでも文字中で向かい合わせに形づくる字があります。

線を対比させる、というのは
この「向き合う線を意識してみる」ということです。

対比する線同士というのは、メインの画になったりします。

この対比かつメインになる画を意識的に、

 )(

↑このように背くようなカタチにしたり、

( )

↑このように互いに向きあうようなカタチにしたり、

トンスートンで「はじめ」と「おわり」のトンを
お互いに呼応するように、ともお伝えしていますが、

それと全く同じで、互いに向きあい呼応するように、
対比させるようにして書くことも大事なことです。

私はこの「対比」というものは
美しい文字を書くにあたっては重大な秘密があるのでは?

と考えています。

いろいろと美しい文字ネタについて語っていますが、
その中で徐々にお伝えしていければと思っております。

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

ひらがなを本気で綺麗になりたいあなたへ

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都の住まいから地元鹿児島へ戻りさらに奮闘中!書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。下↓のYouTubeボタンから、または「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP