綺麗な文字の書き方㉝【全部を繋げて書いてみる】

綺麗な文字の書き方のヒント

全部を繋げて書いてみる

例えば自分の名前を書いてみるとします。

その自分の名前を、

「すべて繋げて書いてみる」

のも、たまには良いです。

虚画(きょかく)と実画(じっかく)という言葉がありますが、
見えない線と見えている線のことです。

紙にペンが当たっている時の線、
当たってない時の線、

とも言いかえる事ができますが、

全部を見える線(当たっている時の線)で書くことで見えてくるものもあります。

こう書くことによって、必然的に一連の流れの中で書くことになります。

楷書では気脈が繋がっていることが大切と言われますが、
これをやってみる事で途切れることなく一つの流れの中で書くことができます。

互いに連動しあった線を書く事が
一段上の綺麗な文字の書き方になっていきます。

ふとした時に、試してみるのはいかがでしょうか?

美文字のヒントをお届けするメルマガ

冗長にならず、さくっと読める記事を努めて書くようにしております。

美文字の近道はいろんな知識の集積です。

ブログを見にくる事なく、こういった内容をあなたのスマホへお届けするメールマガジンを行っております。

よろしければぜひご登録お願いします。(解除はいつでも可能です。)

詳しくは下記から↓

「署名する時に知っていて欲しい3つのコツ」の解説動画を限定公開!【美文字レター特典】

田畑明彦

田畑明彦

美文字を求めて30年…脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。字は誰でも綺麗になれます!という想いから分かり易い美文字法を発信していきます。好きな書の古典は「寸松庵色紙」「蘭亭叙」など。漢字5体と仮名すべてやった果ての美しい日本語を追究するという変な書家ですが、仲良くしてやって下さい…。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP