カタカナ「フ」書き方解説

カタカナ

カタカナ「フ」徹底解説

カタカナ「フ」のペン字の綺麗な書き方を徹底解説していきます。

カタカナは「漢字」の一部分のパーツだったり、または丸ごと全部から作られている文字です。

実はあまり知られていない?かもしれませんが「漢字」をきれいに書けるようになるには「カタカナ」をまずは徹底的に練習することが一番の近道だったりします。

カタカナ「フ」はたった1画しかないシンプルな文字ですが、「折れ」のある画として練習するにはうってつけな文字です。

そんなカタカナの「フ」ですが、一番のポイントは1画目後半の折れたあとの角度に気を付けるということです。

そういった点もふまえて説明してまいります。

シルエットは逆三角形をイメージして

まずは書く前のシルエットとしてとらえていただきたい形ですが、

カタカナ「フ」のシルエットは「逆三角形」

をイメージすると良いです。シルエットは逆三角形をイメージして「フ」

書きはじめの前の、ほんの一瞬で良いので、なんとなく逆にした三角形をイメージしてから書くようにすると良いです。

1画目の前半、トンスートンをしっかり書いて少し右上がりに

「フ」のたった1画の文字ですが「折れ」のある少し長い線(画)です。

はじめのヨコ線を前半、

カドを書いてから、

それから後を後半として解説いたします。

まずははじめのヨコ線ですが、

・はじめのトンをしっかりと書き

・少しすくい上げるように右上がり

に書くと良いです。1画目の前半、トンスートンをしっかり書いて少し右上がりに「フ」

はじめのトンというのはこちらの記事の中にある「楷書の基本であり極意であるトンスートン」で詳しく説明してありますのでぜひご覧ください。

ペン先をくるっと回すような感じで、線と線が少しだけ重なるようにして「はじめのトン」を書いていきます。

そして右上がりになりすぎないように、おさえ気味にして少しだけ右上がりになるように書くと良いです。

1画目のカドはきちんと折り返す

続いて「折れ」の部分を書いていきますが、この時に、

きちんと折り返してカドをつける

ことが大事です。

1画目のカドはきちんと折り返す「フ」

少しだけ線と線が重なるように、カドの部分で一度右へ出て少し戻すような感じで、

カドが付くように書くと良いです。

カドを付けて折れたら、イメージしたシルエットの下のカドに向かって線を書いていきます。

1画目の後半、シルエットのカドに向かいゆっくりハラう

きちんと折り返してカドをつけたら、後半はナナメの画を書き、最後はハラっていきます。

シルエットの下のカド(中心)まで来たら、

徐々に離れていくように左ハライを行う

ように書くと良いです。1画目の後半、シルエットのカドに向かいゆっくりハラう「フ」

「フ」の左ハライにかぎらず、文字を書くときの「ハライ」「ハネ」など全部に言えることですが、

ハラう時、ハネる時のスピードを遅くしてゆっくりと書くと良いです。

もっと言うなら、ハネるハラうギリギリの瞬間まで、紙の上にペンがいるように書くと良いです。

ここは例えばフィギュアスケートのジャンプのようにタイミングが命になります。

カタカナ「フ」の左ハライでこのタイミングを練習するのをオススメしたいです。

「フ」の元ネタ、「フ」は「不」の一部分から

ここでカタカナ「フ」の元になったネタをご説明しますと、

「フ」は漢字の「不」の一部分

からできています。「フ」の元ネタ、「フ」は「不」の一部分から

漢字の「不」、不可能の「不」ですが、この文字の1画目と2画目を取って、カタカナ「フ」はできています。

楷書体だと1・2画目がつながっていなくて分かりづらいので、行書体だと分かりやすいかと思います。

「不」は「ふ」と読む・発音しますので、ルーツは納得いくかと思います。

ちなみにひらがな「ふ」も同じ元ネタになります。

こちらもぜひ参考にされて下さい。

「ふ」は「不」漢字の成り立ちのところで説明してあります。

楷書・行書それぞれに合わせるには

楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)に合わせるといった考えでカタカナ「フ」を考えた場合ですが、

・「楷書」は「直線的」に

・「行書」は「曲線的」に

です。楷書・行書それぞれに合わせるには「フ」

カタカナ「フ」は漢字の「不」の一部からきていると述べたとおり、もともと漢字の一部分なのでそのまま書いても自然と楷書(かいしょ)にマッチしてきます。

ですが「くずし文字」や「早書き」のような行書(ぎょうしょ)としてマッチさせるには、画像のように書いている時の動きをなめらかにして、

ペンの動きをとくに重視してを流れのある動き・気持ちで書くようにすると良いと思います。

ヨコ書きの「フ」を考えた場合

「カタカナ」をヨコ書きで美しく書こうとする場合「ひらがな」以上にいろいろと問題が多いと考えています。

「カタカナ」が発明された理由からもそうですが、左下に打ち込むようにしてハラって終わるカタカナの「フ」は右へ右へと書いていくヨコ書きにはそもそもマッチさせにくいと思っていた方が良いです。

ヨコ書きの「フ」を考えた場合

左下へ向けて右へ書くのと逆方向でペンの動きが終わる字なので、いつも以上につながりを意識して書くようにすると良いと思います。

まとめ

  • シルエットは逆三角形をイメージして
  • 1画目の前半、トンスートンをしっかり書いて少し右上がりに
  • 1画目のカドはきちんと折り返す
  • 1画目の後半、シルエットのカドに向かいゆっくりハラう

「フ」まとめ

カタカナ「フ」で一番心がけていただきたいのは1画目後半の折れたあとの角度に気を付けるということです。

後半のナナメの角度しだいでカタカナ「フ」のバランスが決まります。

シルエットの下のカドに向けて角度を調整しながら書くことが「フ」の一番のポイントになります。

このポイントだけで良いのでぜひ覚えて実践してみて下さい。

カタカナ解説特典付きのメルマガを始めました

当ブログでは、

ひらがな練習ノート(教材DL可・動画付き)を無料公表しておりますが、

カタカナ練習ノート(教材DL可・動画付き)についてはメルマガ特典としてご用意しております。

綺麗な字になるお役立ち情報を厳選してお届けいたします。

この機会にぜひいかがでしょうか?

「ナゾり書き」や「添削」では
足りない部分があります

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP