綺麗な文字の書き方(74)【音楽の流れを書の中にも】

美文字のヒント

書と音楽は相通じる部分が多いと思います。

書く順番がある程度決まっていたり、やり直しがきかなかったりなど、

似通った部分が結構多いと思うのです。

そういった視点でみると、音楽には「休符」というのがあります。

これは書の場合、例えば「字と字の間」とみることができますし、

また音楽には「アクセント」という強弱というのもあります。

これも書の場合、筆圧の強さはもちろん、墨の多い少ない、筆の遅い速い、など、

2つの異なる性質のものを上手く調和・コラボさせながら一連の流れの中で演奏だったり書いたり。

こういった部分では本当に同じだと思いますし、

実際にそのような視点で書も書いていくと活き活きとしてきます。

「書は動き」も大切と言いますが、

音楽的な視点で書くことでもその大切な動きを出すイメージが付きやすいのではと思います。

オンLINE書道教室【LINEを利用した添削書道教室】

田畑明彦

田畑明彦

在野の書家。字は誰でも綺麗になれる!という想いから分かり易い美文字法・本当の書を発信していきます。書を始めて30年以上、脱サラして書で身を立てるべく京都で奮闘しております。書の勉強の果ての日本語を美しく書けるようになりたい!百聞は一見にしかず。動画にて美文字の解説しております。「SYODOUGA」で検索下さい。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP