美文字の極意:主役の画と脇役の画

漢字

字には主役となる画と脇役となる画がある

字の中には「主役になる画」が一箇所、どこかにあります。

これは「一行全体」とか「文章全体」にも同じことが言えるのですが

どこかに「核」となる場所があるとも言えます。

なので、普段からそれを意識して心がけて書くようにしていただきたいのです。

音楽でもイントロ→サビという「見せ場」があるように

物語やドラマでも起承転結があるように

字は絵と違ってヒトフデガキなので、書いていく時に「見せ場」を作っていかないとタイクツで単調な字になってしまいます。

それは美文字とは言えないということにもなります。

一番長い画を目立たせる

ではどういったトコロを見せ場にすれば良いかというと、

いろんな字があるので一概には言えませんが、

てっとり早く、

「その字の中で一番長い画を目立たせる」

これだけでかなり変わります。

要は「特徴のあるところをおおげさに書く」ということ。

なので、長い画は少しおおげさにして、それ以外の画はひかえめに書くと良いです。

そして「一行全体」とか「文章全体」を書いていく際にも、

一行の中で「この字を大きくみせて見せ場にしよう」とか

全体では「ここの行を際立たせるようにしよう」とか

そういった意識づけでもって書いていただきたいです。

これは、書道の作品をつくるときや、半紙一枚に書く時だって

また、人前でのスピーチや会社でのプレゼンにだって共通することだと私は考えます。

要は「考えて書く」ことを意識づけてほしいのです。

まとめ

  • 字には主役となる画と脇役となる画がある
  • 一番長い画を目立たせる

というわけで普段からの練習の際に、こういった事を意識していただくと

また、美文字へ一歩近付けると思います。

【最短最速で綺麗なペン字になりたい方へ】たった20分読む見る聞くだけ!スマホで学べる美文字教材

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP